院長Blog

2013.11.29更新















ぎっくり腰の原因(2):腰部椎体自体に原因がありるもの

腰部椎間関節の可動域が減少し、硬くなり動きが悪くなった状態です。

整形外科では椎間板症脊椎間狭窄症と診断され

関節の潤滑作用がなくなり、油が切れてサビついた状態です。

この原因のぎっくり腰には症状に特徴が有り、特に朝起きてからや

動き始めが症状が著名(増強)し

ある程度動いていると症状が緩和(減少)してくるのです。

動いている間に関節に自重がかかり加圧され、関節内の温度も上昇し

潤滑作用が獲得出来るからです。

この原因にかぎっては、安静よりも逆に動いている方が早く症状が緩和されます。

この腰椎間関節の潤滑不全を診断(判断)し、治療(処置)するには

大変熟練した技術が必要です。

天神整骨院では、O-リングテスト(生理反応テスト)と

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で徹底的に治療します。

早く治したい方、くせになっている方、どこへ行っても治らない方、

是非 天神整骨院へお越しください。

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.26更新














ぎっくり腰の原因(1):骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)によるもの

骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)の誘因に

3「滑る素材」に重要なポイントが有ります。

「ツルツルする滑る素材の服、又は裏地が良くありません!」

ナイロン製スポーツウェア、ナイロン製スカート・ズボンの裏地

ナイロン製下着、靴下(ストッキング)等座る際にお尻と椅子の接地する部分

滑りやすい不安定な状態が誘因となります。

この様に日常生活の服の選び方は大変重要です。

家族全員「ぎっくり腰」や「腰痛症」になります。

当院では日常生活の姿勢や動作等、又日常生活で使用する衣類や家具についても指導致します。

天神整骨院では、「構造医学」に基づきO-リングテスト(生理反応テスト)と

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で徹底的に治療します。

手術したくない方、手術しても不調な方、薬がきらいな方

是非 天神整骨院へお越しください。

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.19更新

症状別治療 「ぎっくり腰」⑤


















ぎっくり腰 の原因(1) :骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)によるもの

骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)の誘因に

1.「座る姿勢」に重要なポイントが有ります。

「腰を伸ばして・起こして(前弯)座る」

椅子に座る時は、膝関節と股関節を直角にし、

踵を床に着地して座る事です。

「足の投げ出し座り」「あぐら座り」「体育座り」

腰・背中が丸くなる姿勢(後弯)が誘因となります。

この様に日常生活の姿勢はとても重要です。

当院では日常生活の姿勢や、動作等指導致ます。

天神整骨院では、「構造医学」に基づきO-リングテスト(生理反応テスト)と

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で徹底的に治療します。

手術したくない方、手術しても不調な方、薬がきらいな方

是非 天神整骨院へお越しください。

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.14更新

症状別治療 「ぎっくり腰」④













ぎっくり腰 の原因(2) :骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)によるもの

前回のぎっくり腰の原因(1)で説明しました

骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)の誘因に

3つの原因トがあります。

1.座る姿勢

2.不安定な椅子

3.滑る素材

以上の事について次回から具体的に説明します。

天神整骨院では、「構造医学」に基づきO-リングテスト(生理反応テスト)と

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療し再発しない身体にします。

手術したくない方、手術しても不調な方、薬が嫌いな方

是非 天神整骨院へおこし下さい。

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.12更新

症状別治療 「ぎっくり腰」③















ぎっくり腰 の原因(1) :骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)によるもの

骨盤(腰)の中に仙腸関節という二足歩行をする人間の

土台となる大切な関節があります。

この関節が変位(弛み)が、不意な動作・とっさの動作に弱く

関節周囲の靱帯・筋肉を傷めてしまうことです。

多くの腰痛症(脊椎管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎椎間板ヘルニア

腰椎分離症・腰椎すべり症 等)もこの骨盤(仙腸関節)の変位(弛み)を

放置していた結果変形し悪化したものです。

矯正(処置)をすることにより、腰痛症も手術や投薬等せず又は、

装具等にたよらずに完治します。

この関節を診断(判断)し、処置(矯正)するには大変熟練した技術が必要です。

天神整骨院では、「構造医学」に基づきO-リングテスト(生理反応テスト)と

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療し再発しない身体にします。

手術したくない方、手術しても不調な方、薬が嫌いな方

是非 天神整骨院へおこし下さい。

電話またはメールでのご相談もお受けしております。
  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.09更新

症状別治療 「ぎっくり腰」②



「ぎっくり腰」は以下の様に原因別に区分されます。

1.骨盤(仙腸関節)

2.腰椎椎体

3.股関節

4.肉ばなれ(筋挫傷)

以上4つに区分され、これらを診断(判断)、処置(治療)します。

この診断(判断)と処置(治療)には、大変熟練した技術が必要です。

これらを熟知した先生は全国にも数十人しかいらっしゃいません。

ホームページや情報誌等の「誇大広告」に惑わされずに

確かな技術の天神整骨院へお越しください。

天神整骨院では「構造医学」に基づき、O-リングテスト(生体反応テスト)と

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で徹底的に治療します。

次回から、この4つの区分毎に「ぎっくり腰」の原因を説明して行きます。


メール又は電話でのご相談もお受けしております。


  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.07更新

症状別治療 「ぎっくり腰」①



「ぎっくり腰」とは、不意な動作

とっさの動作により

重力のバランスを崩した時に起こす

人体の損傷をいいます。

次回より「ぎっくり腰」について

損傷部位別に説明していきます。





「ぎっくり腰」も適切な治療(処置)をする事により完全に治り、

又、再発しない身体になります。

「ぎっくり腰」でお悩みの方、不調な方、

「ぎっくり腰」の治療で評判の天神整骨院へおこし下さい。

当院では「構造医学」に基づく、

安心・安全な効果の実証されたO-リングテスト(生理反応テスト)と

生理的整復法(矯正)により徹底的に治療します。

メール又は電話でのご相談もお受けしております。


  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ

投稿者: 天神整骨院

2013.11.01更新

静かに丁寧に、早く歩きましょう!


①慣れないうち、歩幅を大きくして早く歩き過ぎると、
  地面からの衝撃で痛みが出る事があります。
 (反力)

②最初のうちは丁寧に歩く事を心がけ、
  慣れてきたら早く歩きましょう。
 (ジャイロ)

◎馬尾神経を通じ、脳に溜まったエネルギーを大地に放電する。
 (アース作用)
    ↓↓↓
 子ども達の「キレる」や、「いじめ」をなくしていく。

◎身体の自然な重力をかける事により、骨強度の促進に役立ちます。
 (ピエゾ効果)

◎エネルギー消費量が多く、無理なくカロリー調節を行う事が出来ます。
 (生活習慣病)

                        (参考文献「J・歩行」信山社)

当院では歩行について、又、靴・靴下等の選び方や

日常生活での歩行についてお気軽にご質問、ご相談下さい。

メールまたは電話でのご相談もお受けしております。


  • オフィシャル
  • 交通事故サイト
  • お問合せページ
  • お問合せページ




投稿者: 天神整骨院

entryの検索

カテゴリ

  • 天神整骨院 治らないその痛み、ぜひご相談ください
  • TEL:096-363-3388
  • メールでのお問い合わせ
  • 天神整骨院 治らないその痛み、ぜひご相談ください
  • top_inq_img02.png
  • メールでのお問い合わせ
  • 電話受付時間
    平日9:00~12:30 / 14:00~19:00
    土曜日9:00~12:30 / 14:00~17:00